SSブログ

めちゃめちゃ寒い夜に。 [けっこう気になる]

現在、7日午前4時。夜明け前のめちゃめちゃ寒い時間帯です。天気予報から想像するに、きっと外はいま、1~2度しかないのでしょう[雪]

そんな凍える夜をひとりで…いや、別にひとりじゃなくてもいいんですが、とにかく凍える夜をお過ごしのあなたへ。以前にコピペしたままネタ箱にほりこんでいた、とっておきのニュースをお届けしましょう。

ホットコーヒー、心も温める可能性=米研究 (10月26日9時5分配信 ロイター)

以上。
………。
……………。
だからなに…[ちっ(怒った顔)]

これまでご紹介した数々の”やっつけ仕事”の中でも、かなり上位に食い込んでくる研究だと思います。これだけで終わるとさすがに悲しすぎるので、いちおう、中身も見ておきましょう。

発表したのはアメリカの名門・エール大学のジョン・バーグ教授(心理学)らの研究チーム。載せた『サイエンス』もえらい(こっちゃ)と思います。

バーグ教授は(中略)、身体的な温度と心理的な温かさの関連を検証する実験を実施。実験は、被験者にホットコーヒーまたはアイスコーヒーをしばらくの間持ってもらった後、第3者に関する情報を与えてその人の性格特性を判断させるなどの方法で行われた。

 バーグ教授は「身体的に暖かいと、われわれは他人をより心が温かい人だと判断し、またわれわれの方も他人により寛大になったり他人を信じやすくなるなどわれわれ自身も心が温かくなる」としている。
(止)


コーヒを持っただけ…orz
コーヒー持って、人物観察をしてみただけ…orz
「身体的に暖かいと…」って結論、そんなこと、昔っから知ってた…orz

こんな研究を心理学の学生がレポートで出してきたとしたら、絶対に単位はもらえないでしょう。でも、名門大学の教授がやれば、あの『サイエンス』に載り、世界中に配信されてしまうのです。もし、この記事を読んで下さっているなかに学生のかたがいらっしゃるとすれば、自信を持ってください。学問の世界は、意外と楽勝です(ホンマカ

なんかいっそう、ココロが冷え冷えとしてきました。湯たんぽで身体的に暖かくしてから、もういちどバーグ教授の記事を読み返せば、「より寛大」になり「信じやすく」なるかもしれません。努力してみます。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 4

madoka

私これ新聞で読んだんですが、確か「手が温かいと心も温かく」みたいな見出しが付いていたような記憶があります。
「rioさんの新しい餌食ハケーン!」と思ってたら、やっぱり来ましたね(笑)。

いつ誰が言い出したかは知らないけど、「手が冷たい人は心が温かい」という迷信があるじゃないですか。
あらゆる迷信を忌み嫌っている私ですが、これだけは都合よく利用してきたんですよ。私、手足の冷たさには自信があるんで(笑)。
しかし『サイエンス』によって、「手の冷たい人は心も冷たい」ということが証明されて(?)しまいました。
困るわー迷惑だわー。

さ、コーヒーでも淹れて、寛大な人間に変身しようっと。(←お手軽~♪)
by madoka (2008-12-07 19:12) 

rio

>madokaさん、このニュース、初見のときはまだぜんぜん寒くなかったので、「くっだらねー」と思ってそのまんまにしてました。

どうせなら、「ホットコーヒー」ではなく、「温かい手」とかにしたほうが、まだロマンチックな感じでよかったのに。

寒い/暑い、冷たい/熱い、なんてのは(程度問題ですが)ストレス要因ですよね。ストレスが緩和されれば、自分にも他人にも寛大になれる、というだけの研究。アメリカ発の経済危機で、こういうばかばかしい研究が減るかも…と思うと、ちょっとさみしかったりもします(笑)

いまふと思ったんですが、くそ暑いときにエアコンのきいた室内に入ると、生き返った心地がしますよね。

ということは、酷暑の時にmadokaさんの手足に触れると…寛大になって他人を信じやすくなるのかもしれません。東大…はしゃれがわからなさそうなので、京大ぐらいが実験してくれないかなあ。
by rio (2008-12-08 05:16) 

KGB

私も科学の世界でメシを食っていますが、サイエンスに掲載は本当に名誉な事なんですよ(今だに野望をもってやってます^^)

せめて、ホットティ、熱燗、トムヤンクンを比べてもらわないと、ホットコーヒーである必然性は無いですよねぇ。こんなんでサイエンスに掲載されるんなら、私の仕事がサイエンスに載らないはずがありません!自信が湧いてきました(違)
by KGB (2008-12-10 18:15) 

rio

>KGBさん、サイエンスやネイチャーは、まじりっけなし文系の私でも知っているほどの雑誌ですから…どうしてしまったんでしょうねえ。。。

ホットコーヒーがアメリカンジョーク的におもしろいとでも勘違いしたのでしょうか。デーブ・スペクタープロデュースの実験だったりして。

「こんなんでサイエンスに掲載されるんなら」、こういうポジティブさ、重要ですよね!そうです、自信を持って、まずはエール大学の教授を目指してください(大違)
by rio (2008-12-11 15:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます